03-5961-7155 オフィスの収納 住まいの収納 お問い合わせ

東京FM 住吉美紀がパーソナリティーをつとめるBlue Ocean(8:55〜11:00)金曜日の
「大人のなんでも相談室」
住まいに関するお悩みを暮らしのスペシャリストに聞くといういうコーナーです。

収納のスペシャリストとして飯田が4回出演しました。

本日4月13日は書類整理の話しをいたしました。

●書類整理は分類が重要

分類は 
・誰のために
・何のために

を考えて行う。

●家庭の書類はオフィスの書類と同じ様に考える
ファイル用品も同じようなモノを使います。

という話しをいたしました。

住吉美紀さんのまとめのコメント
「家の書類だと思って甘く考えるとだめなのですね!」

そうなのです。
家庭の書類だと思って、ゆる〜く分類しておくだけでは必要な時に必要な書類がすぐに出てこないことになってしまいます。

住吉さんのまとめの言葉はいつも的を得ていて感心してしまいます。
だから長く番組を続けておられるのですね。

放送は終わっていますが、一週間はネットラジオで聴くことができます。

PCやスマホの「radico.jp」タイムフリーで「ブルーオーシャン」と検索してください。
4月13日放送分です。スタートから1時間45分くらいから「大人のなんでも相談室」が始まります。
radico.jp

お時間がありましたら聴いてみてください。






今からでも間に合います!

来週月曜日、4月16日 13:00 〜

    飯田久恵が収納理論をじっくりお伝えする、「整理収納の基礎セミナー」の空きがでました。


4月、色々な事が始まる季節 ?
入学あり、新学期あり、新社会人、
またまた 新しい土地での新生活あり

☆何かを始める季節です☆

身の回りのことで、毎日 「どうにかならないか?」 「毎日片づけに追われている」
そんな方は是非セミナーにご参加ください。

   

きっと解決策が見つかるはずです
ご参加お待ちしております。
昨年の2月から整理収納の様々な団体が集まって話し合いを重ね、
ようやく3月1日に「一般社団法人日本片づけ整理収納協議会」発足いたしました。

昨日は記者発表と設立記念パーティが行われました。

とても華やかな会でした。


飯田は名誉会員として冒頭の挨拶をさせていただきました。




収納カウンセラーも6名参加しました。
久しぶりの同窓会のようでこちらも盛り上がっておりました。


■通信教育で知られている Z-KAI (Z会)の親御さん用の小冊子に飯田の記事が4年連続連載

「ぺあぜっと」3月号に、入学のお子様向けの向け記事として
4年連続「子供スペースのつくり方」という特集が掲載されています。

 


毎年アンケートで役立つ記事、とのお声を頂いているとのことで
再掲載をご依頼いただいています。

子供部屋を整えようとする時、まず学習デスクを思い浮かべませんか?
実は低学年は、子ども部屋にこもって勉強することはほぼありません。


たいていは、リビングやダイニングで宿題や勉強をしています。


学習机よりも先に、持ち物の指定席になる入れ物(家具など)を
考えるのが先。

その家具は、子供部屋でも使えるサイズや機能のものを選んでおけば
子供部屋で勉強するようになった時、そのまま子供部屋で使えます。


お手元にある方はぜひ、あらためてご覧いただけると嬉しいですね。
でも、その記事だけでは全部をお伝えしきれません。
もっと知りたい、と思う方は著書
をご覧いただけると幸いです。

セミナー「子供部屋の作り方・子どもの書類セミナー」も開催しています。
なるほど、と好評をいただいております。次回は7月17日(火)です。   (飯田)


 

飯田とスタッフの吉田が3年前から、カタログ製作に関わっていた
(株)ロイヤルさんの収納シリーズ【シューノ】の新しいカタログが出ました。


(株)ロイヤル? 聞いたことが無いという方が多いはず。それもそのはず、店舗ディスプレイのメーカーなのです。
超老舗のメーカーなので、工務店さんで(株)ロイヤルを知らない人は多分いないと思います。

店舗用什器の技術を活かし住宅収納シリーズを数年前から展開。
その際に、多くの収納専門家の中から飯田を選んでいただき、最初の段階から収納の専門的なアドバイスを引き受けております。
カタログの巻頭ページに飯田の「収納基礎講座」が掲載されています。

この商品は、住宅を建てる時など知っておくと、安価で抜群に使いやすい壁面収納などを作ることができまよ。
「ロイヤル シューノ」で検索すればカタログが見られます。


こんなシーンで使えますという提案をゆとり工房の飯田と吉田が提案し、インテリアコーディネーターの染矢さんが
部屋の雰囲気から小物のディスプレイまで選んでいます。
下の写真はその一例です。
 



抜群の自由度でほぼ要望通りの収納を作ることができます。クーゼットの中も「シュウ―ノ」は得意です。
自由度がある分、選定は迷うかもしれません。その時は飯田式収納の基本「モノが片づく5つのステップ」です。

まず、
1ステップ、2ステップで「不要なモノを処分する」は必要。
その次の
3ステップで「収納場所-ここに何を収納したいか」を考えます。
           忘れがちですが、ここが収納の肝です。
その後
4ステップ具体的に「どの様に収納するか」を決めます。
           それで棚が何枚、ハンガーパイプは何本などを決めることができます。
           

面倒だな〜と思われたら「ゆとり工房」を思い出してください。
誰よりも「シューノ」の特長や使い方を熟知しております。お任せください。

提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所