03-5961-7155 オフィスの収納 住まいの収納 お問い合わせ
子供がお腹にいる時、産院のママ研修で「子供はおもちゃを出しっぱなしがいいに決まってるよ!」と先生がおっしゃったのが今でも忘れられません。出しっぱなしだと、帰って来た時すぐ続きで遊べるのですから・・・子供にとっては遊ぶのが仕事のようなものなので。

とは言っても限度というものがあります。
子供の気持ちはわかりますが躾も大事です。

なるべく簡単な収納。
幼稚園、保育園のおもちゃ収納を見習うといいと思います。
誰にでもわかりやすい指定席、誰にでも片づける気持ちになります。

家では大きなスペースはありませんが、できるところを見習うといいです。
分類は細かすぎず、大雑把過ぎず、お子さんにとっての程よい感じ探し出してください。
幼稚園、保育園と違うのは、我が子の成長は早いので、多様に変化できる収納が必要です。

中学生、高校生、大学生のことまで考えると、何にでも対応できる「棚が可動できる収納棚」がお勧めです。
一億総活躍社会、女性が活躍できる社会・・・というけど働くママは忙しいです。

「日経デュアル」は働くママ&パパ向けの雑誌です。

家事のことから子育て、受験についてなど便利そうな情報がたくさん。

家事を短縮する為に、掃除ロボット、全自動洗濯機は当たり前。
家事を外注する方法もたくさんあります。
パパの家事参加も普通になってきています。
徐々にではありますが、女性活躍の環境もよくなっているのでしょうか。

でも、まだまだ忙しい!
そこで大切になるのが「収納」

というわけで、
『「家事ストレスフリー」生活のススメ』というタイトルで飯田も記事を書かせていただいています。
第1回の 「飯田久恵 家事ストレスフリーは収納の見直しから」は会員登録なしに読めるようです。

日経デュアルWeb

第2階の「収納指数」を減らすことがストレス減の第一歩 は残念ながら2頁目からは有料会員しか読めないようですが。

収納を整えると、家事は楽になります。そして、パパや子供も参加しやすくなります。
掃除、料理、洗濯、全てモノを使って行います。
モノの収納場所が誰にでもわかるようにしていれば、家族全員誰でも気軽に参加できます。

ママだけしかわからない場所にしまってあるって本当に損しています。

今は男の子でも家事ができるように育てなければいけません。
独立した時や将来の家庭円満の為に!

結局はお子さんの為です。
「飯田久恵の住まいで学ぶ」衣類収納セミナーです。
6月のはじめなのに夏日になったり、はたまた羽織ものがないと寒くていられなかったり、
日によって気温に大きな差が。
なので、いつ衣更えしたらいいの? と思ってしまいませんか。

季節の衣替えを「面倒だ」「気が重い」と感じている方は実に多いものです。
でも、もうそんな面倒なことはしなくてもいい方法があります。

飯田久恵はず〜っと“衣替えは必要ありません”と提唱してきました。
その理論を学べば、ラクに片づけができ、手持ちの衣類を把握でき、
さらに少ない服でセンスもアップ・・・と、いいことづくめのセミナーです。


土曜の1日、衣更えをしようかな、と思っていた方はその前に、
基礎編/実践編を学べる衣類セミナーを受講なさいませんか?
※このセミナーを受けた方は、平均して半年で5万円の衣料費を削減しています。
とにかく衣類が片づくセミナーです。

  

■日にち:2018年6月9日(土) 10:00〜16:00
■セミナー:「衣類の収納セミナー」
■会 場:ゆとり工房

     詳細は⇒衣類の収納セミナー

23日(水)東京都渋谷区にて、記念すべき「第1回 定例会」が開催されました。



第一部では、 飯田久恵が整理収納のプロの皆さまへ、整理収納のパイオニアとして講演をいたしました。


ご参加の皆さまからは「整理収納のプロとして活動する意味や意義を改めて考えさせていただきました」との感想をいただきました。




先日は、”おうちもトヨタ”の「トヨタホーム」様からお招きいただき、収納セミナーを
させていただきました。築12〜14年のオーナー様ご招待とのこと。
ご夫婦でのご参加が目立ち喜ばしく思いました。

収納は、主婦または主夫ひとりで頑張っても限界が。それは、モノの置き場所や収納スペースの
配分は家族で折り合いをつけていかなければ、継続不可能なことが多い
からです。

その意味で、ご夫婦でお聞き頂いたことは嬉しい限りです。

     
      皆さま真剣に聞いてくださいました  
          
さてその会場(ホテルフォレスタ)は、トヨタ自動車のお膝元愛知県豊田市。新幹線は
もちろん止まらない意外と不便な場所。でも天下のトヨタだからこそ、イイ〜ンデス
  

会場に行く途中、思いがけず、徳川家康が生まれた岡崎城を電車の中から遠くに発見!
ん〜ン小さい!でもちょっとお城好きな私は、カンゲキ〜。お城に行きたかったけれど、
時間がないのであきらめました。
     

出張はこんな楽しみもあるので、いいものです。      (飯田)


提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所