03-5961-7155 オフィスの収納 住まいの収納 お問い合わせ
久しぶりに「収納のコツ」を投稿します。

やっと暑い夏が終わりました。2ヶ月もすると上着を着る季節になってきます。



「帰宅したらまずリビングに入り、そこでジャケットやコートを脱ぐ」という方は少なくないと思います。
そうしているとリビングが散らかります。

これを防ぐには「脱ぎっぱなし」をきちんとした収納にするしかありません。

一戸建てで個室が2階にあるという家は特にです。

ハンガーラックをリビングに置くと、「散らかしやさん」の家族でもジャケットやコートをそこへ掛けてくれると思います。

リビングのハンガーラックは抵抗があるという方もおられると思います。
でも、脱ぎっぱなしの衣類がダイニングチェア、ソファー、床に置かれているよりはずっとましです。

少しでも素敵に見えるよう、ハンガーラックは思い切ってご自分の好きなデザインを選びましょう。

リビングにスペースがない場合はリビングの隣の和室でもいいですし、玄関ホールに掛ける場所を作ってもいいです。

ランドセルやリュックを背負っているお子さんは、玄関でランドセルやリュックをいったん降ろさないとコートが脱げません。
少し考慮してあげてください。

家族それぞれがまず自分の部屋経由でリビングに来てくれると、カバン、ジャケット、コートも散らからなくてすむのですが・・・。
家族がリビング直行の家はリビングが心地よいということでしょうか。
7〜8年前に新築収納相談でお伺いしたお客様の所での収納相談です。

お嬢さんが中学生になられて、本棚が欲しいとの相談でした。
まだ保育園に通っておられたお嬢さんがもう中学生とは・・・

小学校までは勉強も遊びもリビングでされていたそうで、子供室はほぼおもちゃ置き場になっていました。

使わないくなったおもちゃは譲ったり、処分したりしていただき、大好きな本のスペースと絵も描ける大きなデスクを計画しました。

2ヶ月ほど後にもう一度お伺いしました。
見違えるような立派な中学生の部屋になっていました。

辛かったけど、とても頑張っておもちゃの処分をして下さったそうです。

お母様は、次はご自分の仕事部屋のデスクと本棚を新しくしたいということになりました。
どのようにお仕事をされて、収納したいモノは何かを詳しくヒアリングして家具の計画をしました。

家具が納品されるのが楽しみです。

リビング、寝室などは新築時の収納計画通りに暮らして下さっていました。
嬉しいかぎりです。


飯田久恵はセキスイハイム様とコンサルタント契約をさせていただいております。

この度セキスイハイムさんと日経DUALさんのコラボ家づくり本「共働きのための家作り ガイドブック」が出来上がりました。

これから家を建てたい、改築したいという共働きご夫婦に以前行ったセミナーを元にセキスイハイム様がまとめてくださっています。

働いているママたちは世の中で一番忙しい人ですよね。

特にお子さんが小さい間は息をつく暇もないほどです。
いかに「家事をさっさと済ますか」は最重要課題!!


家作りで共働き世代を助ける本になっています。

この本が提唱する「5つの新常識」
1.人の出入りを考える
2.家族で家事をシェア
3.一番大切なのはリビング・ダイニング
4.子どもの力を伸ばす家
5.共働き仕様の収納


5の共働き仕様の収納はもちろんのこと1〜3も収納が大きくかかわります。

家事、育児を1人でやるのはワンオペというそうです。

大切なのは家事、子育てのシェア。
パパはもちろん、子供も手伝う。
それでも無理だったら、祖父母、外部サービスも利用する。
最近はたよれる家電もたくさんあります。


それら全てを効率よくするには、収納はとても重要です。
今はやりのルンバも床にモノが散らばっていると動いてくれません。

共働きのための理想のプランも掲載されています。

とっても生活しやすそうなプランです。
こんな家で暮らしてみたいものです。
10月の下旬にNHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」という番組に出演することになりました。

視聴者の方に「よい収納」を理解してもらえるよう、飯田の自宅でも撮影しました。
先日、1日かけて収録しました。
「どうしてこれがよい収納なのか」ということを、収納指数をまじえて映像でわかりやすく紹介できたと思います。



ディレクターさんの段取りのよい指示、ゲストの方の的確なリアクション、コメントでどんどん撮影が進みました。
さすがプロだと感じました。

スタジオでの収録は来週行われます。
詳しいことはまだお知らせできないのですが、放映が近くなりましたら宣伝をさせていただきます。

多分、飯田も素敵に撮れていると思います。
クロワッサンのキッチン収納のAfterの撮影が終わりました。

Beforeの撮影から約10日後。

その間、お客様には不要なモノの処分をお願いし、
ゆとり工房では必要と思われる収納用品、棚板などの手配をしました。

テーマが「収納指数」の改善でした。
様々な場所で「収納指数」の改善ができました。

その上、お客様が一番の悩みだった調理台のごちゃごちゃがなくなりました。

きっとお料理がスピーディーにできるようになりますよ!

細かい内容はクロワッサンの紙面で紹介となります。

発売の報告はここでもさせていただきます。


提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所