03-5961-7155 オフィスの収納 住まいの収納 お問い合わせ
経験から生まれた、増えても減っても、ピッタリ収まる
「魔法の引き出し仕切り」(特許申請中)を使ってみませんか!


下着やくつしたハンカチなど小さくたたむものは
引き出しにひと並べに入れます。


一つの引き出しに種類が違うものを入れることが多いと思います。
さらに下着でも半袖、長そで、靴下も短いの長いの・・・と結構種類ありますよね。

それらを、増えても減ってもどんな畳み方をしてもきちんと収納できるのが
「魔法の引き出し仕切り」です。

形はこんなシンプル。







あなたも経験ありませんか?
最初に収納した時はきれいなのに、次第にぐちゃぐちゃに・・・


そこでよく試すのが空き箱や市販の仕切り材


私も、あき箱を使ってみました。すると小さいくつ下を入れると幅が広すぎ、
下着を入れると狭すぎ。
ピッタリ入れるのは難しいのです。
 

次試したのが、タテヨコ組み合わせる仕切り材。
でもこれも、枚数が増えたらぎゅうぎゅう詰め、減ったらスカスカ。
増減の融通が利きません。
子どもの成長と共に畳んだサイズも変化しますが、その融通もききません。



そんな経験から、思いついたのが「魔法の引き出し仕切り」です。


シンプルな形ですが、引き出しの奥行き、高さに合わせられます。
横幅はただ左右にスライドさせるだけ。


女性の下着のシャツひとつ取り上げても、数種類ありますよね。
それらもキチンと仕切ると、取り出した時「あ、違った!」ということがなくなり、
ストレスフリーになりますよ。


入れ方ですが
タテ一列に同じ種類のものを入れてみて下さい。
ちなみに私は、タテ方向にシャツの下着を入れています。
その列の中でさらにタンクトップ、半袖、長そで、とヨコに仕切っています。


これを使うとさらにいいことが・・・・余計なモノを買わなくなります
これを使っていただいた方がこう仰っていました。
「以前なら、3足なら1,000円・・という時、3足買っていましたが、
これを使いだしたら必要な1足しか買わなくなりました。
結局安いと思っても使わないモノを買っていたので、高くついていたんですよね」と。

入れるところが確定すると、間に合っていることが明確になり、
要・不要の判断がしやすくなります。


使ってみないとなかなか良さや便利さがわからない商品ですが、
是非試してみませんか?




「魔法の引き出し仕切り」は幅と奥行きが自由になります。
奥行きは引き出しの奥行きに合わせて切ります。
仕切りの横移動が自由自在ですので、幅もたたんだ衣類に合わせることができます。
高さも3段階あります。


仕切りに合わせて入れるのではなく、入れるモノに仕切りを合わすことができます。


実は、この形状がいいというのは25年も前からわかっていました。
しかし、どこにも売られていないので、ケント紙(固い紙)で手作りする方法を、
セミナーやクライアント様にお教えしていました。著書にも作り方を書きました。
しかしながら、作るのは結構大変。
まず、ケント紙を手に入れる事からハードルが高く、工作が苦手な方はなかなか作れませんでした。

そして3年前、作っていただけるメーカーが見つかり、ようやく商品化できました。
仕切り関してはいいものがある、との情報でロサンゼルスに行ったり、と本当に苦労したものです。

商品にする際には
ハサミ1本でどなたでも簡単に作れるよう、工夫をかさねました。


紙製ですので、静電気が起こりません。ここもこだわったところです。
埃、汚れが付くことはありません。



たたんで並べるだけです!!特別丁寧にたたんでいるわけではありません。
なぜか、きれいにわかりやすくなります。
まるで魔法!! 
使ったらわかります。魔法の意味が。
ご注文、詳しくは
詳細はこちら 

一回セットすれば、30年は使えます。
ちなみに私はケント紙で作ったもの26年使っています。
                           飯田久恵
銀座の画廊「枝香庵」さんに用事があって伺いました。
ガラス工芸作家「村山耕司」さんの個展期間中。
そこで、余り見ないとっても美しい色の器が目に入りました。
ちょうど、アイス用の器が欲しいな〜と思っていたので思わず購入。


足がついたすてきな器もありましたが、重ならないので、重なるものに。

ここで収納のアドバイス
同じくらい好きな器なら、どこに置く? 置くスペースがある? など、置き場所をイメージし、
スペースを取らないモノを選ぶのは実は重要。
ぎゅうぎゅう詰めると、せっかくある器も出すのが億劫で使わなくなってしまいます。


知っていました?
ガラスって、どんな砂でも例えば仙台の砂でもアフリカのモロッコの砂でも、
1200度以上で透明のガラスになるって。
(ケースに入っているのは、ガラスの原料の砂) 
場所による砂の種類によって、ガラスの色が違うそうです。
村山氏からお話を伺っていると、科学の授業のようなお話でした...よくわからないけれど興味深い!
ちなみに、購入したガラスは仙台の砂。きれい〜です。
久しぶりに気に入った器に出会えて嬉しい!!


収納は「家が建ってから住まい手が工夫をするもの」とまだまだ思われているみたい。
でも設計の段階で考えると、家事動線も収納もとても良い、暮らしやすい家になります。

今回の収納設計・提案セミナーのご参加は、
整理収納アドバイザーとしてご活躍の「暮らしスタイル」の方々8名でした。
         

お客様の提案のポイントや盲点はココ、などとお話をさせていただくと、
一般の方々対象セミナーの時とは違う反応で、やはり対お客様の視点で聞いて頂いていると感じました。


また、アクション数のお話で・・・
今では皆さんが普通に使う「アクション数」という言葉も、
最初は「動作数」や「手間数」・・・などいろいろ考えて、イメージしやすいように
「アクション数」と決めたんですよ、とお伝えすると
「え、アクション数という考えは、飯田先生が考えられたのですか・・・知らなかった〜」とのことでした。

そうなんです。出し入れの簡単さ、面倒さを数値で表す
「収納指数」(R)という考えの一部がアクション数なのです。



また、さすがご参加の皆さまは「写真で見栄えする収納」だけではだめなのでは?
と感じられていて、「よい収納」の軸を再確認してくださいました。
とても心に響く話でした、とのご感想もいただきました。


整理収納を仕事として確率させて者の責任として、お客様の立場で役立つ収納法を
多くのプロの方々にお伝えできればと、思っております。

プロ対象の「仕事の仕方講座やセミナー」を企画していますので、
時々チェックしていただき、またご参加やご連絡をいただければ嬉しく思ます。

                           


連日、猛暑が続いております。
「整理収納学講座 飯田自宅見学会」
一年で一番暑いこの時期の恒例になっております。

じっくり見ていただけるよう、少人数のグループに分かれ1日半かけて行いました。

この見学会の一番の目的は収納場所の位置関係を実感していただくことです。
そしてStep4「入れ物、入れ方」の実物を見て、なぜこのような入れ方をしているのかの理解を深めていただきます。
「百聞は一見にしかず」とよく言ったもので、やはりテキストの写真を見るのと実物を見るのでは全く違うという感想をいただきした。

見学後はコーヒーを飲みながら、各自どこまで進んだか、どうしたらスムーズにモノを捨てられるようになれるのかなど、わいわい雑談タイムです。

なんとか、手っ取り早く収納作業を進めるコツを知りたいとおっしゃる方が多かったのですが、本当に辛いのですが手っ取り早くは難しいです。
収納は山登りと同じです。一歩一歩確実に歩いていくしかないようです。頂上を見て、近道を探していると、道からずれて迷子になってしまいます。
一番の近道は「5つのステップ」通りに進めることだと思います。
モノが片付く5つのステップ


生徒さんからこんな素敵な花をいただきました。
八重のユリです。珍しい!!初めて見ました。

夏休み前には

テストが返却され・・・絵画、工作も戻ってきます。
夏休みの宿題のプリントもたくさん配られます。
その上、絵の具セット、習字セット、裁縫セット、上履きも。

考えただけでも憂鬱です。


子供の収納で困っておられる方は多いと思います。
子どもが片づけないから・・・それだけではないと気づいておられると思います。

子どもの収納が難しいのは、子供の成長が早くて対応しきれないからです。

子供のモノはきちんと整えてもすぐに使えなくなると考えておられませんか?
それは違います。大人になるまで使える収納もあります。
中学、高校、大学と教材が多くなっても対応できるようにしておけば、この先も困りません。


まずは子どもの収納に必要なことを知ることからスタートです。
子供部屋と子供の書類、両方をセットにした
「子ども部屋・子どもの書類収納セミナー」を開催しています。

子ども部屋・子どもの書類収納セミナー



モヤモヤした気持ちを夏休み前に晴らしましょう!
そして、この夏休みはお子さんと一緒に子ども部屋を作り上げませんか?

お子さんの自由研究課題にもでき、それを応募することもできます。
片づけ大賞 こども部門


提供:ホームページ制作のe売るしくみ研究所